抱っこ紐はどれがいい?3種類使ってみた[エルゴ・ベビービョルン・モンベル]

子育て
スポンサーリンク

赤ちゃんが生まれると、必要になるのが抱っこ紐ですよね。

しかし、どれを買ったらいいかさっぱりわかりません。

西松屋に売っている、数千円のやつだとなんだか不安だし、かと言って高級な3万円近くする抱っこ紐に使うお金はない・・・と悩んでいる間に、赤ちゃんの出産は近づいてきます。

いい加減、どの抱っこ紐を買うのか決めないといけません。

ちなみに私は上記のような状態になり、「どれを買うか悩んでいても仕方がない!買ってしまえ!」ということでエルゴの抱っこ紐を買いました。

その後、お出かけ用にモンベルの抱っこ紐を買い、前向きにも抱っこしたいという妻がベビービョルンの抱っこ紐を買いました。

ということで、うちには3種類の抱っこ紐があるので、それぞれ使いやすさなどを含めてレビューします。

抱っこ紐①:エルゴベビーアダプト

多分、抱っこ紐でググると、エルゴの抱っこ紐が最初に出てくると思います。

最初に出てくるだけいいものなんだろうという気にさせてくれます。

価格

14,300円〜25,300円くらいの間で価格が動いています。

4/10現在でアマゾンで14,300円で売られています。

安くはないですが、めっちゃ高くもないです。エルゴの上位機種は3万円近くします。

使ってみた感想

作りがしっかりしている

肩ベルトも登山用のリュックの肩紐のようにしっかりしていて、肩に食い込むということもありません。腰ベルトも、太くて、抱っこした時に安定するので、長時間の抱っこも疲れにくいです。

 

色が豊富

人気なだけに、人と被る可能性が高くなります。

しかし、エルゴの抱っこ紐は4種類くらい色があって、人とかぶる可能性が低くなります。

 

付属品は必要ない

赤ちゃん落下防止のベルトなど付いてきますが、使ったことがありません。

いちいち赤ちゃんにつけてられないですし、正確に抱っこ紐を装着していれば、落ちることはないと思います。

 

付属品がたくさんついていると安心しますが、正直、抱っこ紐本体だけあれば十分です。

もし、付属品としてあったらいいものをあげるなら、よだれカバーです。

 

赤ちゃんは何でも口にするし、よだれも出るので抱っこ紐につけておくと汚れずにすみます。

 

抱っこ紐②:モンベル ポケッタブル ベビーキャリア

 

お出かけする用・エルゴを洗っている間などのサブ抱っこ紐として書いました。

ちなみに、モンベルは自社通販がメインで、アマゾンや楽天での取り扱いはありませんでした。

 

そのため、モンベル公式の通販サイトからか、実店舗の直営店でしか購入できないようです。

上記の楽天で売られているモンベルの抱っこ紐は中古のようで、新品が欲しい方はモンベル直営通販サイトで注文した方がいいです。

価格

新品で5,900円+税です。

 

エルゴに比べると相当安いです。サブで用意するならお手頃な値段です。

 

しかし、楽天で売られている中古の抱っこ紐の値段が6,923円て新品より高いとはどういうことなんでしょうか・・・

使ってみた感想

商品名にポケッタブルとついているので、小さく収納できます。そのため、肩や腰のベルトに厚みはなく、長時間の使用はエルゴよりも疲れます。

 

サブで使用すると決めておけば問題ありませんが、メインで長時間使用はきつい気がします。

 

お出かけするときに、替えのおむつをいれるカバンに一緒に入れておけば、いざというときに使えますし、車に置いておくだけでも、メインの抱っこ紐を忘れた時など重宝します。

買っておいて損はないです。

抱っこ紐③:ベビービョルン ONE KAI

大人の前に抱っこするときに、赤ちゃんを大人の向かい合わせにも抱っこできて、赤ちゃんを前向きにも抱っこできる優れものです。

 

出かけるときに、赤ちゃんが景色を見やすいように、前向きに抱っこできるものを探していて妻が購入しました。

価格

18,000円〜22,000円(税別)

メッシュタイプのものと、コットンタイプのものがあり選べます。

我が家で使っているのはメッシュタイプです。夏の暑いときには風通しが良さそうです。

使ってみた感想

抱っこするときに4つのバックルをとめて赤ちゃんを固定するのですが、それがなんともめんどくさい ・・・・慣れれば問題ないのかもしれませんが、まだちょっと使い慣れないです。

 

前向きに赤ちゃんを抱っこしてみましたが、赤ちゃんも前向きに抱っこ紐でおぶられた事がないので、泣いてしまいました。これも慣れが必要ですね。

まとめ

結局のところ、一番長く使っているエルゴ推しです。

大人の体に負荷のかかる肩や腰にあたるベルトの作りがしっかりしていて長時間でも疲れにくいです。

 

また、6種類の抱っこができる!みたいな謳い文句の抱っこ紐を買っても結局のところ、前に抱っこするかおんぶするかしかしないと思います。

実際横向きに抱っこ紐を使って抱っこする場面は我が家ではありません。

今回紹介した、エルゴかベビービョルンがどちらかがあれば、問題ないと思います。

 

モンベルはあくまでサブ抱っこ紐として購入された方が無難だと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました