夫が1歳の子を1日子守してみて分かったこと

スポンサーリンク

丸1日1歳の我が子を子守&家事してみて分かったことは、子育て&家事は超大変ってことです。

世の中のお母さんたちが、夫に「ずっと家にいるんだから風呂掃除くらい、掃除機かけくらいしとけよ」と言われたときにイラッとするのもよくわかります。

どの辺が大変だったのか項目ごとに分けて書きたいと思います。

子どもの食事は悲惨

1歳の子どもの食事は大変です。

ご飯を与えれば体中ご飯粒まみれになるし、汁物はこぼすし、いらなくなったおかずは床に落とすし、好きなものしか食べないし・・・

この世に出てきてまだ1年しかたっていない人間に綺麗にバランスよく食事をしなさいと言ってもわかりません。

何が大変って片付けが大変ですよね。

ご飯粒まみれになった服は着替えさせて、汚れた服は洗濯機に入れる前に、下洗いしてご飯粒を取らなくてはいけません。

テーブルの上にはご飯粒やら、食べ残したおかずやらが散らばっているので、それを処理して、布巾で拭きます。

床にも散らばったご飯たちがわんさかいるので、雑巾で綺麗にします。

なので、子どもが座っているあたりの床はいつも綺麗です。

家事をやる隙がない

子守の最中に洗濯や、風呂掃除、掃除機がけなどやらなくちゃいけない家事がありますが、意外とできないです。

子どもが不機嫌だったり、引き出しから物出したり、触ったら危ない物の方に歩いて行ったりと、様々なイベントが起きます。

家事に手を出そうにもできなかったり、中断しなくちゃいけなかったりします。

家事をする時間はなくもないけど、すんなりできないと行った感じでした。

子どもがすんなり寝ない

我が子は寝る前に添い乳しないと寝ない体質になっていて、妻がいないと寝れないのです。

眠たくなっても不機嫌になるだけで、寝ない。

しかし、5ヶ月ごろの赤ちゃんだった時は抱っこ紐で抱いていたら寝ていたので、これはいけるかもと思い、抱っこ紐で寝かしつけしてみました。

結果・・・大成功。やったぞ!

抱っこ紐で寝た状態から、布団においても起きることなく3時間くらい寝ました。

添い乳がないと寝ない説は覆されました。

チャイルドシートに座らない

お出かけしようと車に乗せますが、チャイルドシートに収まってくれません。

押さえつければ逆効果で、より座らなくなってしまいます。

妻がおやつあげるとすんなり座るよと言っていたので、お菓子を与えて見ると、黙って座りました。

座るかわりにお菓子くれないと座らない体質になっているみたいです。

お菓子あげないでもチャイルドシートに座ってくれる方法はないんですかね・・・

それでも我が子はかわいい

いたずらしたり、寝なかったり、せっかく作ったのに食べなかったり、色々ありますが、子どもはかわいいです。こんな時期も今しかないですからね。

男性は普段から家事をしろ

男性が育児休暇を取れる世の中になってきました。素晴らしいことだと思います。

しかし、育児休暇を取る前にできることはたくさんあるはず。

男性は家事ができるようになっていれば・自主的に家事をやれば、かなり子育てママの負担は軽くなると思います。

育児と言っても、男性からは母乳は出ないし、赤ちゃんを抱っこしても泣かれることの方が多いし、あまり参加できません。

男性は子育てママの身の回りのサポート役に徹する方がいいのではないかと思います。

まとめ:世の中のお母さんはすごい

世の中の子育てするお母さんいつもお疲れ様です。子育ては大変ですね・・・

コメント

  1. 横島(父親) より:

    子育てを拝見させていただきました。読ませていただいて、懐かしく思い
    ました。ありがとうございます。
    私のところは双子の男の子なので、食事時は4歳前までひどい状況でした。
    まったくもってサル小屋状態で、約2年半くらいは戦ったでしょうか。
    生まれたばかりは、双子なので夜は片方を私が担当してミルクを与えてい
    ました。で、翌朝は仕事に出かける毎日が1年くらい続きました。
    結構大変でしたが、当時は大変と思っている暇もなかったように記憶して
    います。
    今となっては、非常に懐かしい思い出です。そんな双子も 24歳になりまし
    た。大きくなったらそれはそれで、やっぱりかわいいものです。
    子育って一度きりなので、楽しんで頑張ってください。

    • トヤガクト トヤガクト より:

      コメント本当にありがとうございます。
      子どもが一人でも育児は大変なのにお子さんが双子ちゃんだととても大変そうですね。。。
      子どもはあっという間に大きくなってしまうので、「この時は今しかない」と思って子育てしたいと思います。

      ブログにコメントいただけて本当に嬉しいです。
      基本的に誰も読んでないと思ってブログに投稿しているので(笑)
      コメントなど反応があるとブログを更新する励みになります。
      ありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました