カヌーのシートを張り替える方法と必要な道具[DIY]

田舎暮らしのススメ
スポンサーリンク

中古で買ったカヌーのシートが紫外線などでやられて白く変色して、お尻を乗せるのに汚いのは嫌なので、自分でシートを張り替えることにしました。

カヌーシートの張り替えに必要な道具と部材とその手順について解説します。

カヌーシートの張り替えに必要な道具

ドライバー

カヌーからシートの木部を外すのに必要です。しかし、手で回すのは結構疲れるので、電動ドライバーがあれば、電気の力に頼るのをおすすめします。

レンチ

こちらもカヌーからシートの木部を外すのに必要です。ネジとボルトでシートの木部はとまっているので、レンチでボルトを固定していないと取れないので、レンチが必要です。

タッカー

シートの座面になるPPテープを固定するのに必要です。ご自宅になければこの機会に購入しても損はありません。今後のDIYで必要になることが結構あるので、一家に一台あると便利です。

タッカーの針

タッカーを買っても針がないと意味がありません。タッカー本体と一緒に針も購入しましょう。

ハサミ

家にあるハサミで十分です。シートの座面になるPPテープを切るのに必要です。

また、古くなったシートを切って剥がすのにも必要なので、家にハサミがない方はこの機会に買いましょう。

必要な部材

PPテープ 幅25mm×長さ25m

ナイロンでできたシートベルトのような質感のナイロン製のテープです。

シートの座面にPPテープを使います。

メルカリで探したところ、ちょうどいいのがあったので購入しました。

メルカリでPPテープと検索すると出てきます。

ちなみに私が買ったのは[25m巻]1.7mm厚×25mm巾 PPテープ カーキグリーンというものです。値段は1,300円と安いです。

いろんな色があるので、あなたの好きな色にしてカヌーをカスタムしてみましょう。

ちなみに、25mもあれば余裕で足ります。1/3くらいは余ります。

余ったPPテープは妻の裁縫の部品になりました。バッグなどの持ち手に使えます。

シート張り替えの手順

カヌーからシートを外す

カヌーからシート部分を外します。シートとヨークとスウォートの塗装がはげていたので、全て塗装するのに、全部とってしまいました。

しかし、シートとヨークとスウォートをとると、カヌー本体が少し開いてしまうので、シート張り替えのさいはヨークなどの部品は外さないほうがいいかもしれません。

カヌー本体が開いたからといって、ヨークがつけられないことはなく、元通りになったので、全部外しても問題ないとは思いますが、心配な方はシートだけ外しましょう。

シートから古いシートテープを外す

手間の木の四角い枠が、カヌーのシートです。その下に散らばっているのが使い古されたシート座面のPPテープです。前の所有者も自分んでシート張り替えを行ったようです。

やたら強いタッカーのような針で止められていて、ピンが全然抜けませんでした。仕方なく、ペンチで古いPPテープを掴みちぎりとるようにテープを取ったところ手の皮が数カ所めくれました。

作業は手袋をして行いましょう。

ナイロンテープを適当な長さに切る

古いPPテープが全部取れたら、今度は新しいPPテープに張り替えます。

横方向と縦方向に内側まで折り込む分も含めてPPテープを切っていきます。

座面の裏側でタッカーで留めるので、余分な長さがないと留めることができないので気を付けましょう。

ひとつのシートで縦が10本。横が7本でちょうどでした。シートは2つあるので、それぞれ2倍用意します。

ナイロンテープを編む

写真家完成した後のものです。

どこもタッカーで止めないで、PPテープを編むのは至難の技なので、縦横1辺ずつ止めてから編むとPPテープが動かないで綺麗にアムことができます。

PPテープの間隔はスキマなく止めるのではなく、1〜2mm程度開けて止めると綺麗に全面にテープを張ることができます。

タッカーで止める

座面の裏側で、タッカーを使ってPPテープを止めます。

切ったPPテープの両端を座面の裏側でタッカーを使い2箇所ずつ止めていきます。

気を付けなくてはいけないことは、しっかりとテープを張って留めることです。

テープを緩く張ってしまうと、シートに座った時にお尻が沈んでしまうし、テープそれぞれが動いてしまって見栄えも悪くなります。

まとめ

作業自体は2時間もあればできると思います。

カヌーのシートが汚れたり、雰囲気を変えたかったら、シートの張り替えをチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

コメント

  1. charlie kimm より:

    正に、助かりました。

タイトルとURLをコピーしました