移住で失敗しないために事前に調べる3つのこと

田舎暮らしのススメ
スポンサーリンク

田舎に移住したいんだけど、失敗したくない・・・何かいい方法ないの?

田舎に引っ越すのは人生がかかっているので、失敗したくないですよね。

トヤガクト
トヤガクト

今ままで2回移住している私が移住で失敗しないために事前に調べるべきことを3つ紹介します。

私は愛知県から出て、北海道の小さい町に住み、現在は福島県の小さい町に住んでいます。

移住してみて感じたことは、事前に確認しておくと、移住した後の生活がスムーズに送れるということです。

今後、地方へ移住を検討している方は、最低でも3つのことはは候補の移住先について確認しておきましょう。

 

・移住する前に現地へ行って調べる

・移住先の信頼できる人と繋がる

・移住先の仕事で生活できるか調べる

 

この3つについて解説していきます。

1・移住する前に行って調べる

一度観光で訪れていい場所だから住みたいと思っても、もう一度その土地環境を確認した方がいいです。

観光で訪れるのと住んで生活するのでは全く見え方が違います。

ライフラインが全部遠いかも

その町に行っても、買い物できるスーパー、病院、コンビニなどない場合があります。

あったとしても、家が街から離れていて車で30分以上かかるなんて普通にあります。

田舎は車社会

田舎は基本的に車社会なので、車がないと生活できないと思った方がいいでしょう。

電車やバスもありますが、1日に何本かあるだけという地域もあります。運転免許もなく車もない人には厳しいと思います。

季節の問題 特に冬

北海道へ移住する場合、夏は30度近くになり冬は氷点下が当たり前です。

もし寒さや暑さに弱い方であれば、どちらの季節の時にも行ってみて体感しておくとこんなはずではなかったと思うことが少ないかもしれません。

真冬の氷の上の運転も毎日しなくては行けません。それができるのか要確認すべきです。

北海道や東北では雪深いところもあります。ウインタースポーツが好きで、雪の多く降る地域に住みたい人でも嫌になるくらい積もります。

それを毎朝雪かきをして、車の雪を下ろして出勤です。屋根に雪がたまれば降ろさなくてはいけません。屋根が壊れたり、車庫が潰れたりします。そういった生活環境も知っておくことが必要だと思います。

地方には普段の生活であまり考えない要因がたくさんあります。これを問題と捉えるかエンタメだと捉えるか、個人の差ですが、事前に訪問しておくことで解消できることもあると思います。

 

2・移住先の信頼できる人と繋がる

地域には移住者に対して面倒見のいい人が必ずと言っていいほどいます。

そういう人と繋がっておくと、移住後に生活など困った時のサポートを受けられます。役場の移住担当者などに聞けば教えてくれます。

 

移住者は所詮よそ者なので怪しがられます。マジです。人のこと噂してないで仕事しろよと思うほどです。

しかし、その地域の人と事前に繋がっておけば、地域住民はあの人信頼できる人の知り合いだからあの移住者は安心だと怪しい目を向けられることが減ります。

その地域の全員と仲良くなることは不可能なので目指す必要はないですが、生活や仕事をする上でも関わりの持てる人と繋がっておくことは、地方での暮らしに大いに役立ちます。

 

3・その地域の仕事で生活できるか調べる

福島県に林業に従事していますが、月の給料は平均して手取り20万円です。年1回のボーナスがありますが、微々たるものです。

この給料で、妻と子どもを養えるかという話です。

ちなみにこの20万円は田舎の給料としてはいい方だと思っています。しかし、足らないですよね。

車の2台の維持費、家賃、光熱費、食料費などなどかかった経費で無くなります。

地域に仕事は山ほどある。しかし・・・

住みたい地域の求人を見るとたくさん求人が出ていますよね。しかし、どの仕事も給料が安いです。

確かに生活コストは東京などの都会より安いかもしれませんが、車の維持費や、子どもが生まれたら養育費など結構なお金が必要です。

趣味でもお金がかかります。私のようにスキーもカヌーもしたくてその道具も欲しくて、さらに子どもや家庭を養うとなると全く足らないのです。

田舎の仕事だけでは厳しい、副業、複業を念頭におこう。

移住先で就職したところの給料だけでやっていくことはなかなか厳しいものがあります。

私の場合、休日などはバイトしたり、空いた時間でクラウドソーシングに挑戦したりしています。

会社に属しながら、起業も考えよう

田舎には新しいことをするプレイヤーがいません。移住者はそこを狙うといいかもしれません。

起業というと、大きなリスクを背負わなくては行けないと考えがちです。しかし、日中は会社で働き、空いた時間や休日に、ネットビジネスもできます。地域の困りごとを解決する小さなことから始めてもいいかもしれません。

あなたの趣味を生かす

田舎は慢性的な人材不足です。私の住んでいる地域のスキー学校もスタッフ不足で、冬になると手伝いにいき、こずかい稼ぎをしています。前のシーズンは全部でバイト代が6万円くらいになりました。

このように趣味もお金んいなる可能性があるので、あなたのできることをお金に変えることもできます。

組み合わせるとなんとかなるかも

会社だけでの給料だけでは厳しいですが、お金を稼ぐすべはいくらでもあります。

移住を検討する際、お金はシビアな問題になってくるので、田舎に住む前にあなたにできることをよく確認すると、住んでから失敗するリスクが減らせるでしょう。

 

まとめ

上記をまとめると

  • ①移住する前に行ってみる
  • ②地元の信頼できる人と繋がっておく
  • ③移住先の仕事で生活できるか検討しておく

地方暮らしはあまくないです。不便なことも多いです。

その不便さや、その地域に暮らしていること自体を楽しめないと、理想と現実のギャップに嫌気がさしてきます。

勢いで仕事を辞めて、地方に来てみたはいいものの、思ってたのと違ったでは遅いです。戻る家も仕事もない状態になってしましいます。不安定な経済の中で、大きなリスクを取らない方がいいと思います。

移住する際はよく検討してからにしましょう。

 

コメント

  1. […] 事前に調べた方がいい内容をまとめました。 […]

  2. […] あわせて読みたい:移住で失敗しないために事前に調べる3つのこと […]

タイトルとURLをコピーしました