失敗や批判が怖くて行動できないあなたを後押しする4つの考え方

life
スポンサーリンク

失敗したらどうしよう・・・何かするときにいつも怖くて最初の一歩が踏み出せません・・・

トヤガクト
トヤガクト

私も今だに、失敗した時に誰かに何か言われるんじゃないかって無駄な心配ばかりしてなかなか行動に移せないことがあります。

例えば・・・

・ブログ始めたはいいけど、書いた記事を批判されたらどうしよう・・・

・こんなことでツイッターに書き込んだら何か言われるかな・・・

・仕事で何か新しいこと始めたいけど、誰かに否定されるかな・・・

 

などなど、やってもいないのに失敗への心配は尽きません。

この失敗を恐れる原因はどこからきているのでしょうか。

原因・・・あなたが世間の流れを敏感に察知しているから。

どういうことなんでしょうか。失敗を恐れているのに敏感だなんて考えにくですよね。

大丈夫です。あなたはしっかり世の中を捉えています。

あなたが失敗に悩むということは、一歩進むための何か後押ししてくれるものを探しているわけですよね。

 

あなたを後押しする4つの考え方

・小さなことから始めて失敗への免疫をつけよう

・世間はあなたに興味などない

・失敗しても別に死ぬわけじゃない

・失敗をなくすには失敗するしかない

 

それでは失敗や批判が怖い原因あなたのあと一歩を後押しする4つの考え方を解説していきます。

失敗を恐れる原因:それはあなたが世間の流れを敏感に察知しているから

誰かが新しいことにチャレンジして、話題になると、誰かが足を引っ張ったり、SNSなどで総叩きされるニュースがひっきりなしに目にしたり耳にしたりしますよね。

例えば・・・

・女子高生がツイッターにバイトを頑張ってお金を溜めて軽自動車を買ったと投稿したら、炎上した。

 

この女子高生は自分でバイト代をためて軽自動車を買うというチャレンジを達成して、嬉しくて投稿しただけなのに、根も葉もないことを言われ炎上するということが起きました。

こういうニュースを見ていると、あなたがやりたいチャレンジでも批判されるのではないかと躊躇してしまうのも当然です。

トヤガクト
トヤガクト

つまり、あなたはしっかりと世の中を見ていて、チャレンジすれば批判されることを知っているから、行動に移せないのです。

しかし、行動に移せないからって言っても、何もしないではあなたはチャレンジさえできなくなってしまってはそれこそが失敗です。

失敗しないことが失敗?

失敗への批判を恐れ、行動しなくなれば、確かに失敗はしません。

しかし、行動しないということは、あなたの成長を止めるということです。

それこそがあなたの人生にとっての大きな失敗と言えるのではないでしょうか。

成長を止めてしまうのは、めまぐるしく変わる世の中に対応できなくなるのと同じことです。

トヤガクト
トヤガクト

失敗しても、失敗から学び、批判されても気にせず、行動し続けることで初めて成長します。

では、失敗しても批判されても気にしないためにはどうしたらいいのでしょうか。

あなたを後押しする4つの考え方を見ていきましょう。

小さなことから始めて失敗に免疫をつけよう

小さいチャレンジから始めてみましょう。

あなたが思ったことをツイッターに投稿するのもいいですし、ブログを書いて誰かの役に立つ記事を書いてもいいです。小さくチャレンジして小さく失敗してみましょう。

小さい失敗であればダメージが少ないですし、段々と慣れてきます。

 

トヤガクト
トヤガクト

小さいチャレンジと失敗を繰り返していくと、どうしようと心配していたことも忘れていきます。あなたの行動があなたの心配を消していきます。

世間はあなたに興味などない

ひどい言い方かもしれませんが、今まで何か新しいことをして批判されるようなことってありましたか?

意外とないと思います。

あなたが思っている以上に世間はあなたに興味がありません。

なのでいくらでもチャレンジして失敗しましょう。

もう一度言いますが、世間はあなたに興味はありません。

それでも批判されたら

あなたのチャレンジに批判してくるような人が現れたら、それは大きなチャンスです。

なぜなら、その批判してくる人はありがたいことにあなたのために時間を使ってくれています。

どんどんあなたのために時間を使ってもらいましょう。

トヤガクト
トヤガクト

批判されたら、それこそがあなたが成長している証拠です。

失敗しても別に死ぬわけじゃない

よく考えてみてください。

あなたのやりたいことをやって失敗しても死なないですよね。

もし金銭的に失敗しても、生活保護の制度もありますし、まず死ぬことはないです。

トヤガクト
トヤガクト

行動するときに、これをやれば死ぬのかなと考えてみると、結構簡単に行動できてしまいます。

失敗をなくすには失敗するしかない

一度の失敗でふさぎ込んでいては、失敗しただけになってしまいます。

もし失敗したらその失敗をもう一回しなければいいだけです。

次に失敗しないための材料が手に入ったと思いましょう。

失敗しない限り、その失敗はなくなりません。

誰かに何か伝えて何を言い返えされるかも、いいと思ってやってみた行動も、やってみて失敗しない限りはわからないのです。

トヤガクト
トヤガクト

失敗を繰り返せば、それだけ失敗しなくなります。

どんどん失敗しましょう。

まとめ

ここまでをまとめてます。

失敗や批判が怖い原因は・・・

あなたが世の中の流れを敏感に察知しているから
 

失敗から批判を恐れない行動するための考え方は・・・

・小さなことから始めて失敗への免疫をつけよう

・世間はあなたに興味などない

・失敗しても別に死ぬわけじゃない

・失敗をなくすには失敗するしかない

行動するときに勇気は入ります。いくらあなたを後押しする考え方があってもやっぱり無理かもと思ってしまうことはありますよね。

しかし悩んでいても何も始まりません。

あなたのやりたいことをやっていくのがあなたの人生です。誰かに邪魔される筋合いなどありません。

あなたの人生を歩んでください。批判も失敗も恐れず前へ進みましょう。

そうすれば、失敗も批判もどうしようと考えている暇もなくなります。

おまけ:行動したくなるオススメの本

この記事の考え方のもととなった本を紹介します。

多動力

これからの時代を生き抜くのに必要な力です。行動したくなる内容がぎっしりです。

あり金は全部使え

過激なタイトルですが、読むと面白いです。

貯金を全部使ってしまえということではなく、使う予定のないお金を溜め込んでいても仕方がないので自己投資に使って、そこからまた稼げばいいよという話の内容です。

お金を使って行動できない人は必読です。

ハッタリの流儀

ハッタリをかますと、言っちゃったばっかりにその辻褄を合わせるのに必死になって働くという話です。

なんか最近、よくわかんないけど面白くないなと思う人はハッタリをかましてみると生活が一変するかもしれません。

革命のファンファーレ

やりたいことがない若者を肯定してくれる優しい本です。私はこの本に救われて、行動を起こせるようになりました。

やりたいことがなくて行動もどう起こしていいかわからない方は読みましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました