地域おこし協力隊になる前に確認する3つのこと

田舎暮らしのススメ
スポンサーリンク

地域おこし協力隊に興味があるんだけど、なる前に気をつけることってあるの?

田舎で働ける地域おこし協力隊は魅力的ですが、確認すべきことはあるのでしょうか。

トヤガクト
トヤガクト

私は過去に地域おこし協力隊をしていました。この経験を踏まえ地域おこし協力隊になる前に確認すべき3つのことを紹介します。

確認すべき3つのこととは・・・

雇用関係・活動内容を徹底的に調べよう

•田舎へ事前訪問しよう

•田舎の仕組みがどうなってるか知ろう

 

この3つについて解説していきます。

この経験から事前に対応できることを踏まえながら、今後、地域おこし協力隊を検討しているあなたへの参考になればいいと思います。

•雇用関係・活動内容を徹底的に調べよう

ただの役場の人員不足補充のために募集してるかもしれません。

協力隊の予算は国からの交付金を活用するので、地方自治体、いわゆる行政は協力隊の給料など雇用に関わるお金の手出しをほとんどすることなく、人を雇えます。

つまり、行政は人員が不足している部署や、行政で新しいことを始めたい・始めちゃったけど自分たち(行政職員)がやるのがめんどくさい・できない、から都市部の若者にやさせちゃおうみたいなノリで募集をしていることが少なくないです。

もちろん、そういうところばかりではないです。

役場のやらせちゃおう的なノリの協力隊になってしまうと最悪です。

これならならない方がいいです。

3年間役場の面倒くさいことやらされ係で終わってしまいます。

もし、魅力的な地域で協力隊の募集を見つけてそこで働きたいと思ったらまず、雇用関係や仕事内容を徹底的に調べて、役場と事前に相談した方がいいです。

 

トヤガクト
トヤガクト

自分の叶えたいことができるのか、協力隊活動期間中に起業をしていいのかなど、できること、できないこと、を事前に把握してから、移住した方がいいです。

 

3年という時間を無駄にしないためにも事前リサーチするべきです。

•田舎へ事前訪問しよう

田舎にはスーパーも近くになければ、ドラッグストアもない可能性もあります。

地域の独特の文化もあってそれがあなたに合わないこともあります。

人口も少ない地域だと、地元のニュースが少なく、移住者ってだけであなたの噂話が一人歩きすることもあります。

嫌な思いをする前に、事前に訪問してみましょう。

自治体によっては移住体験を実施しているところもあります。

それぞれの町にもよりますが、移住体験用の住宅を用意し一定期間そこに住むことができます。住んでる間に、町の利便性をチェックしたり、先輩移住者と繋がって話を聞くなど、住んでから嫌になる要素を潰せます。

トヤガクト
トヤガクト

私自身も、協力隊として働いた町は、何度か行ったこともあり、知り合いもいましたので、住んでから利便性が悪いなどの理由で嫌になったことはないです。

事前調査は、仕事内容の確認と同時に徹底的にした方がいいですね。

あわせて読みたい移住する前に調べた方がいい内容についてをまとめました。

•田舎の仕組みがどうなってるか知しろう

田舎と聞くと、衰退・過疎地・人口減少などマイナスイメージが拭えません。そして地方創生という言葉もよく耳にしますが、改善されているイメージがあまりないのが現状だと思います。

 

トヤガクト
トヤガクト

実際に私も協力隊として働いてみて、疑問に思う点などありました。地方行政の事業の予算は年度の初めに決定しており、その決定事項の通りに進めていく場合が多いです。

 

年度が終わればまた、次年度の予算をとってきて、同じ一年の繰り返し・・・。

新しいことやってほしいと頼まれた協力隊の仕事の割には決まり切ったことをただ遂行していく感じです。

では、なぜ地方がこのような働き方が多い・予算を消化し稼ぐ考えが薄いのか、疑問に答えてくれるのが「地方創生大全」です。

本書の内容は私が協力隊として働いていた町のことが書かれているのではないかと思うほどでした。

地方がなぜ衰退していくのかよくわかり、今後どう行動していけばいいのか道しるべになります。

もし、漠然と田舎暮らしがしたいと思う人は、この本を読んでいただき、田舎で起きていることを知ってから、移住を決めた方が安全です。

•まとめ

解説してきたことをまとめると・・・

雇用関係・活動内容を徹底的に調べよう

•田舎へ事前訪問しよう

•田舎の仕組みがどうなってるか知ろう

 

協力隊になった方がいいのか、ならないで今の生活のままの方がいいのか迷いますよね。

事前調べることで、お試しでその町に住んだり、地方のことを勉強したりできます。

それから移住を決定しても遅くないと思います。

勢いで移住してうまくいく場合もあるかもしれませんが、3年という時間を無駄にしないためにも、上記のことを参考にしていただければ幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

他に詳しく聞きたいことなどあればコメントをください。

コメント

  1. […] あわせて読みたい:地域おこし協力隊になる前に確認する3つのこと […]

タイトルとURLをコピーしました