【NFT購入に必要】MetaMask(メタマスク)の始め方を徹底解説

暗号資産(仮想通貨)・NFT
スポンサーリンク
  • MetaMask(メタマスク)の登録の仕方がわからない
  • MetaMask(メタマスク)の使い方を知りたいけど英語ばかりで不安
  • MetaMask(メタマスク)を使ってNFTを購入したい

このような悩みを抱えていませんか。

NFTを購入したいと思ってもイーサリアムやらMetaMask(メタマスク)などわけわからん単語が出てきてどうやって買ったらいいかよくわからないですよね。

私もよくわからなかったですが、なんとかMetaMask(メタマスク)でウォレットを登録して、イーサリアムを送金して、Nishikigoi NFTを購入することができました。

特にデジタル関係が得意ではない(むしろ苦手)な私でもMetaMask(メタマスク)を設定できたので、とりあえずやってみましょう。

ちなみにですが、MetaMask(メタマスク)を登録するにあたって料金がかかることはないです。無料で利用可能。

NFTを購入するには暗号資産(仮想通貨)取引所で口座を開設し、イーサリアムを購入。

そのイーサリアムをMetaMask(メタマスク)のウォレットに送金し、NFTマーケット(openseaなど)でNFTを購入をします。

この記事では実際に私がMetaMask(メタマスク)を設定した手順を紹介していきます。

  1. MetaMask(メタマスク)のアプリをダウンロード
  2. アプリを開く
  3. パスワードの設定
  4. シークレットリカバリーフレーズを書き留める
  5. シークレットリカバリーフレーズを順番通りに選択
  6. 完了を押して終了

意外とやることは少ないです。

しかし、MetaMask(メタマスク)を始めるときに気をつけるべきことは「シークレットリカバリーフレーズを必ず順番通りに保存すること」です。

これを忘れると購入したイーサリアムやNFTなどが引き出せなくなったりするので、スクショするなり、プリントアウトするなり、紙に書き留めるなどしてください。

ちなみにMetaMask(メタマスク)を設定する前に、暗号資産(仮想通貨)取引所の口座の開設は済みましたか?

NFTを購入するためには必ず暗号資産(仮想通貨)取引所の口座が必要です。

私はスマホでの操作がしやすいコインチェックで口座開設し、NFTを購入しました。

コインチェックは今なら新規口座開設(かんたん本人確認)&取引で1,500円分のビットコインプレゼントキャンペーン実施中です。

9/30までの期間限定キャンペーンなので、今すぐ口座開設しましょう。

なお口座開設にお金はかかりませんし結構簡単にできるので安心してください。

\ダウンロード数No.1

ではMetaMask(メタマスク)の登録を始めましょう。

MetaMask(メタマスク)の始め方:アプリをダウンロード

MetaMask - Blockchain Wallet

MetaMask – Blockchain Wallet

MetaMask無料posted withアプリーチ

上のダウンロードからアプリをダウンロードしてください。

パソコンのブラウザからもできますが、アプリの方が断然わかりやすいので、今あなたの使っているスマホからダウンロードできます。

MetaMask(メタマスク)の始め方:アプリを開く

Metamaskのアプリを開いたら、上のページが表示されるの開始をタップしてください。

新しいウォレットをタップしましょう。

同意しますをタップ。

MetaMask(メタマスク)の始め方:パスワードの作成

パスワードを入力します。確認用も入力するので、必ず紙などにメモしましょう。

Touch IDでサインしますか?を緑色にしおくと、アプリを開くときに非常に楽なので、onにしておきましょう。

MetaMask(メタマスク)の始め方:シークレットリカバリーフレーズを保管する

今度はシークレットリカバリーフレーズの設定をします。

画像が切れていますが、下の青い欄をタップします。

表示をタップし、続行をタップします。

MetaMask(メタマスク):シークレットリカバリーフレーズを必ず保存

12個のシークレットリカバリーフレーズを順番通りに必ずメモします。

忘れたら、せっかく購入した暗号資産(仮想通貨)やNFTが引き出せなくなってしまう可能性があるので、スクリーンショットだけでなく、紙に書き留めたり、プリントするなどして、複数の媒体で保存するようにしましょう。

そして他の誰にも教えないようにしてください。シークレットリカバリーフレーズが誰かに知られてしまうと、あなたの暗号資産(仮想通貨)やNFTが盗まれるかもしれません。

絶対にあなただけがわかるようにしておきましょう。

MetaMask(メタマスク)の始め方:シークレットリカバリーフレーズを順番通りに選択する

続行を押すと単語の欄が空欄になるので、先ほど表示されたシークレットリカバリーフレーズを順番通りに単語を入れていきます。

単語を忘れると最初から全部やり直しなので、必ずメモを取ってからシークレットリカバリーフレーズを選択しましょう。

MetaMask(メタマスク):ウォレットの作成完了

成功したらバックアップの完了をタップ。

完了をタップ。

これで、Metamaskのウォレットが完成しました。

まとめ

無事にMetaMask(メタマスク)のウォレットの作成はできましたか?

暗号資産(仮想通貨)やNFTなどの新しい技術はまだまだ世の中に浸透していません。

今のうちから新技術に触れておくと先行者利益があるかもしれないので、興味が湧いたら色々と試してみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました